スマホの速度規制がかかった時、7GB超えの規制解除タイミングはauならいつ?

スマホの速度規制がかかった時、7GB超えの規制解除タイミングはauならいつ?

■速度規制がかかった時の解除はいつされるの?

 

・ 月間7GBの制限を超えた場合の速度規制はいつ解除される?
・ キャリアによって解除のタイミングは違う?

 

 

ついスマホを使いすぎてしまって速度規制をかけられた、ということはありませんか?
通信速度がとても遅くなってしまうためにその後のネットがかなり大変になります。

 

 

追加料金を支払うことで制限解除をすることも出来ますが、速度規制の解除タイミングが
分かればもっと使いやすくなるはずです。

 

 

速度規制の解除までどれくらいの日数が必要なのか、その期間が分かれば追加料金を
支払う目安にもなります。

 

 

大きく速度規制がかけられるのは月間パケット通信量が7GBを超えた場合です。
この時の速度規制を解除されるタイミングはいつなのでしょうか?

 

 

実はキャリアによって規制解除のタイミングが違っています。
詳しくはドコモとauは同じタイミングでソフトバンクのみ解除タイミングが違います。

 

 

また月7GB超えの速度規制の他にも直近3日間の速度規制もあります。
こちらの場合は当日を含まない3日間の合計が対象となっています。

 

 

その為に3日間の合計が規定値以上になっていなければ解除されるようになっています。
こちらの場合はどのキャリアでも同じタイミングで解除されています。

 

 

では月間7GBの速度規制はどのタイミングで解除されているのでしょうか。
それぞれのキャリアの規制解除を確認してみましょう。

 

 

■月7GB超えの速度規制はいつ解除されている?

 

・ ドコモとauは同じタイミング出解除
・ ソフトバンクは自分で決めた締め日によって変わる

 

 

まずはドコモとauの場合を確認してみます。
速度規制をされた時期にかかわらず速度は月末まで規制を受けてしまいます。

 

 

つまり通信速度が遅くなった翌月の1日に通信速度が元に戻る事になります。
どちらのキャリアもいつ速度規制がかけられたかは関係なく翌月1日に解除です。

 

 

速度規制をかけられたのが1日でも31日でも変わらずに翌月の1日に解除です。
通信速度規制を受けたのが月末近くなら解除を待つのも一つの方法です。

 

 

ちなみに速度規制がかかるのはドコモが7GBを超えたらすぐ、auは7GBを
超えた翌日となっています。

 

 

ソフトバンクの場合は利用料金支払いの締め日によって変わります。
元々ソフトバンクはユーザーが締め日を選ぶことができるようになっています。

 

 

締め日は10日・20日・月末の3種類から選ぶことができます。
速度規制の解除タイミングは締め日の次の日となります。

 

 

つまり10日が締め日の場合には9日までに速度規制を受けた場合は11日に解除。
11日以降に速度規制をされた場合は翌月の11日に規制解除となります。

 

 

ソフトバンクの場合は自分の締め日の確認と解除タイミングの確認をキャリアに
きちんとしておくようにしましょう。

 

 

■7GBの月間パケット量を節約するためには?

 

・ Wi-Fi通信を使うことでパケット通信を節約する
・ モバイルWi-Fiルーターなら屋外でも利用可能

 

 

スマホのパケット通信量を節約するためには使わないことが一番ですが、それも
難しいと思います。

 

 

そこでパケット通信の代わりにWi-Fi通信を行うという方法もおすすめです。

 

 

月間通信総量7GBの上限があるのはパケット通信のみです。
Wi-Fi通信をした場合の通信量は加算されません。

 

 

それならauが行っている無料のWi-Fiスポットを利用するという方法があります。
今ではファーストフード店などにも多く無料のスポットが設置されています。

 

 

ユーザーIDで接続できるのでauユーザーなら無料で利用できるというメリットが
あるのですが決まった場所でしか利用できないというデメリットも有ります。

 

 

どこでもWi-Fi接続をするためにはモバイルWi-Fiルーターの利用が必要です。

 

 

今はauと同じ親会社のWiMAX2+回線とLTEを使っているポケットWiFiがあります。
オススメは月間通信総量の上限がないWiMAX2+回線です。

 

 

このWiMAX2+回線を詳しく見てみましょう。

 

 

■とても使いやすいと評判のWiMAX2+回線

 

・ プランによっては月間パケット通信量の上限がない
・ 規制された速度が5Mbpsと普通に使える

 

 

WiMAX2+回線はモバイル通信の中でもとても使いやすいと評判です。
その理由にはパケット通信量に対する規制がゆるいという方が多いためです。

 

 

モバイル通信ではスマホを含めて多くのキャリアで月間パケット通信量によって
速度規制を作っています。

 

 

でもWiMAX2+ではギガ放題プランを選べばこの月間パケット量の上限がなくなります。

 

 

他のキャリアでは7GBの上限を気にしながら使う必要がありますが、WiMAX2+では
それを気にすることなく使うことができます。

 

 

ただ直近3日間で3GB以上パケット通信をすると速度規制がかけられます。
こちらの総量規制はギガ放題プランの契約をしてもあります。

 

 

完全無制限での利用ができないのですが、速度規制をかけられた場合でも通常通りの
使い方ができるくらいの速度となっているのも特徴的です。

 

 

他のキャリアでは速度規制がかかると通信速度が128Kbpsというかなり遅い速度まで
規制をされてしまいます。

 

 

WiMAX2+の場合は速度規制がかかっても5Mbpsという速度での通信が可能です。
これなら通常のネット接続をするには問題ない速度と言えます。

 

 

大量のデータを高速でやり取りするネットゲームにはたしかに厳しい速度ですが
普通画質の動画なら問題なくみることが出来る通信速度が5Mbpsです。

 

 

速度制限をかけられても使いやすいためにWiMAX2+は多くの方が評価している
モバイル通信となっているのです。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら