速度制限を解除するために必要な料金、auの場合はいくらになる?

速度制限を解除するために必要な料金、auの場合はいくらになる?

■速度制限がかかった時に解除する方法はある?

 

・ 毎月の利用できるパケット量は選んで契約できる
・ auの場合は家族で分け合う他にも追加料金でチャージ可能

 

 

スマホを使いすぎてしまった時に、その月に利用できるパケット量が亡くなった
という経験はあるでしょうか?

 

 

最近のスマホ契約ではその月に利用できるパケット量を自分で選んで契約する
というのが一般的です。

 

 

大手キャリアのauとドコモでは新料金プランで毎月のパケット量を選んで契約が
出来るようになっています。

 

 

ではこの毎月のパケット利用可能量を超えてしまった場合はどうなるのでしょうか?
この時に通信速度に規制がかかって速度が遅くなってしまうのです。

 

 

規制される速度は128Kbpsとかなりの低速になります。
この速度ではまともにホームページを開くこともできなくなってしまいます。

 

 

この状態を回避するためには利用できるパケット量を増やす必要があります。
方法としてはauなら家族の余っているパケット残高をもらう事もできます。

 

 

その他には自分で残りのパケット量を追加チャージすることで利用できる量を
増やして速度制限を解除することが可能です。

 

 

当然追加チャージには料金が必要になります。
料金やチャージされる量などを詳しく調べてみましょう。

 

 

■auの追加チャージにはいくらかかる?

 

・ 追加チャージできる容量は2種類
・ 追加分を使いきった時にも再チャージは可能

 

 

料金プランによって色々なパケット量の上限がありますが、その全てのプランで
追加チャージが利用できます。

 

 

チャージできるのはauの場合は0.5Gと1GBの2種類となっています。

 

 

それぞれの料金は0.5GBの場合は550円、1GBなら1,000円でチャージ可能です。
追加チャージしたパケット量だけ更に利用することができるようになります。

 

 

追加チャージした容量は使いきらなければ追加容量としてとっておくことができます。
ただし追加チャージした容量には有効期限があり62日間で利用できなくなります。

 

 

また追加チャージ容量が残っている場合でも月間パケット量があればそちらが
優先的に利用されます。

 

 

つまり月初めにパケット量がリセットされて月間パケット量が復活した場合にはそちらが
先に利用されて追加チャージした容量は月間パケットがなくなってから利用されます。

 

 

追加分を使いきった場合も更に追加をすることはできます。
途中で追加した場合には以前の有効期限が延びて更に62日間の利用が可能です。

 

 

でも何度も追加チャージをするなら契約プランを見なおしたほうがいいと思います。

 

 

■パケット上限が気になるならWiMAX2+がオススメ

 

・ ギガ放題プランなら月間パケット上限なし
・ 主要都市中心に利用可能エリアの拡大中

 

 

何度も追加チャージをしているなら月間パケット上限のないWiMAX2+がおすすめです。
プランを選ぶと毎月利用できるパケット量が無制限になります。

 

 

ギガ放題プランなら月々のパケット量が無制限で利用できる様になります。
7GB以上利用しても速度規制をかけられることがありません。

 

 

利用できるエリアも今は首都圏や地方中心都市をメインに広がっています。
今後も利用可能エリアはかなり拡大する予定となっています。

 

 

通信速度は下り最速220Mbpsで都心の一部地域では最高120Mbpsを記録するなど
かなりの通信速度の実現をしています。

 

 

ギガ放題プランなら月の上限パケット量による速度規制がなくなりますが貯金3日間の
パケット量による規制はあります。

 

 

でもWiMAX2+ならこちらの速度規制もほとんど気にならないのでおすすめできるのです。

 

 

■速度規制をされても普通に使うことが出来るのがWiMAX2+

 

・ 直近3日間で3GB以上のパケット通信をすると速度規制
・ 規制される速度は5Mbpsと普通に使える速度

 

 

ギガ放題プランを選べば月間パケット量の上限はなくなります。
でも直近3日間で3GB以上利用すると速度規制がかけられてしまいます。

 

 

ギガ放題プランを選んでも完全無制限で利用する事ができませんが、直近3日間の
通信速度規制はそれほど気にする必要が無いともいわれています。

 

 

実際にパケット量の使いすぎで速度規制がかかる可能性はあるのですが、その時の
通信回線の混雑状況によっては規制がかかりません。

 

 

更に速度規制される通信速度も下り5Mbpsと普通に利用できる速度での規制と
なっているのです。

 

 

上記のように最高速度は下り220Mbpsで地域によっては120Mbpsの速度がだせるのが
WiMAX2+という通信回線です。

 

 

この速度に比べると5Mbpsはかなり遅い速度ですが、一般的なインターネットの利用には
問題ない通信速度が5Mbpsなのです。

 

 

動画サイトを利用している人でも普通画質の動画なら4Mbps程度の通信速度があれば
問題なく見ることができます。

 

 

つまり速度規制がかかっている状況でもほとんど問題なくインターネット接続が出来て
普通に使うことが出来るのがWiMAX2+です。

 

 

通信速度規制が気になる人にはおすすめできるモバイル通信です。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら