速度制限がかかる条件、ドコモのスマホでは月7G以外にある?

速度制限がかかる条件、ドコモのスマホでは月7G以外にある?

■ドコモのスマホが速度制限をかけられる条件って何?

 

・ 月7GB以上使うと速度制限をかけられる
・ 直近3日間で3GB以上のパケット通信をすると速度制限

 

 

スマホを使っている場合にはそのパケット総量がとても気になります。
あまり使い過ぎると速度制限がかかってしまうためです。

 

 

殆どのキャリアで採用されている条件では月7GB以上のパケット通信をすると
速度規制がかかる、というものがあります。

 

 

多くの場合は6GBを使った時点でキャリアから警告メールが届きます。
そのまま使い続けて7GBまで行くと速度制限をかけられてしまうというものです。

 

 

ちなみにドコモの場合は1ヶ月間で7GBを超えた時にすぐに速度制限がかかります。
翌日ではなく当日にすぐに通信速度が遅くなるそうです。

 

 

またドコモの場合は月に利用できるパケット量を自分で決めて契約する事もできます。
その利用できるパケット量がなくなった時にも速度制限がかかります。

 

 

新料金プランでは家族がまとめてパケットパックとして利用するので一人で7GB以上の
パケット通信をしても速度制限がかからないケースも有りますが・・・

 

 

ではこれらのケース以外にも速度制限をかけられることはあるのでしょうか?

 

 

もう1つ、直近3日間のパケット通信総量が3GBを超えた場合にも速度制限を
かけられることがあります。

 

 

こちらのケースを詳しく確認してみましょう。

 

 

■直近3日間で3GBの通信をすると速度が遅くなる?

 

・ 3日間の合計パケット量が3GB以上なら速度規制がかかる
・ 状況によってかからない可能性も

 

 

スマホなどのパケット通信を行う回線では通常の月間パケット総量の制限の他に
直近3日間の合計パケット通信量による制限もあります。

 

 

ドコモの場合は当日を含まない直近3日間の合計パケット通信量が3GBを超えると
速度制限がかかるという条件になっています。

 

 

1日1GBという制限ではなく3日間で3GBなので1日で大量のパケット通信をして
3GBを超えた時には3日間速度制限がかかったままになります。

 

 

逆に合計が3GBにならなくなった時にはすぐに速度規制が解除されます。

 

 

またこちらの規制条件は月間通信総量の制限よりも多少緩くなっています。
通信回線の状況によっては速度制限がかからない場合もあるそうです。

 

 

それに3日間で3GBというのはかなり大きな容量です。
かなりハードにネットを利用しなければ中々届かない容量でもあります。

 

 

それでも使い方によっては頻繁に速度制限がかかってしまうという場合もあるので
パケット通信総量には十分に気をつけるようにしましょう。

 

 

■速度制限を気にしたくないならモバイルWi-Fiルーターがオススメ

 

・ Wi-Fi接続ならパケット通信総量が気にならない
・ 月間通信総量無制限のプランが利用できる所もある

 

 

速度制限をかけられるのはパケット通信をした場合の通信総量です。
その為にWi-Fiを使ってインターネットをすれば速度制限にかかることはありません。

 

 

固定回線にWi-Fiルーターを使って接続する、無料のWi-Fiスポットを利用するなど
パケット通信をせずにインターネット接続をする方法もあります。

 

 

でもこれらの方法では特定のエリアでWi-Fi接続が出来る様になるだけです。
どこでもインターネット接続をWi-Fi出するためにはモバイルWi-Fiルーターが必要です。

 

 

持ち運びができるWi-Fiルーターを使うことでスマホがどこでもWi-Fi接続で
インターネットが出来るようになります。

 

 

でもこの場合はモバイルWi-Fiルーターがパケット通信を行うので、ルーターの
パケット通信総量を気にする必要が出来てしまいます。

 

 

そこで月間通信総量の上限がないプランを提供しているモバイルWi-Fiルーターを
利用すれば問題解決です。

 

 

それがWiMAX2+というモバイルWi-Fiルーターです。

 

 

ギガ放題プランなら月間通信総量が無制限で利用できます。
パケット量をほとんど気にせずにネット接続が出来るようになります。

 

 

ただしWiMAX2+は完全無制限ではありません。
直近3日間の速度制限はあります。

 

 

WiMAX2+の速度制限についてもう少し詳しく確認してみます。

 

 

■WiMAX2+は速度制限を気にする必要が無い?

 

・ 直近3日間の制限はかからない可能性もある
・ 速度制限がかかっても通信速度に問題がない

 

 

WiMAX2+のギガ放題プランでも直近3日間で3GB以上のパケット通信をすると
速度制限をかけられてしまいます。

 

 

完全無制限で利用できるわけではないために一時期はネット上でも炎上をして
とても注目された時がありました。

 

 

ただこのWiMAX2+の速度制限は実はそれほど気にする必要が無い、とも言われていて
速度が遅くなっても普通に使うことが出来るようなのです。

 

 

元々直近3日間の速度制限は「遅くなる可能性がある」とされています。
つまり回線の混雑状況によっては速度が遅くならない場合もあります。

 

 

しかもWiMAX2+の場合は速度制限された場合でも通信速度が5Mbpsという
普通にネットが出来る程度の通信速度になっています。

 

 

大量のデータをやり取りするネット対戦ゲームをする場合にはかなりの通信速度が
必要となりますが、通常は5Mbpsあれば十分に利用できます。

 

 

普通画質の動画を見るために必要な通信速度は4Mbps程度なので動画を中心に
ネット利用しているユーザーでも問題なく利用できます。

 

 

月間通信総量の上限がなく、直近3日間の速度制限もそれほど気にならない為に
WiMAX2+はパケット量を気にする人にもおすすめできる回線なのです。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら