ソフトバンクのiPhoneでアプリの利用でも7GB達していないのに速度制限を受けるのはなぜ?

ソフトバンクのiPhoneでアプリの利用でも7GB達していないのに速度制限を受けるのはなぜ?

■急にiPhoneの通信速度が遅くなるのはなぜ?

 

・ 月初めでも速度規制をかけられる?
・ ソフトバンクのスマホだけ速度規制がかかる?

 

 

色々と便利に使えるスマホはつい使いすぎてしまうことも多いと思います。
そんな時に気になるのが通信速度の規制です。

 

 

スマホの場合は月間の通信総量が7GBを超えると通信速度が128kbpsという
かなり遅い速度に規制されてしまいます。

 

 

でもソフトバンクのiPhoneを使っている場合に月初めでも通信速度が遅いと
感じたことはありませんか?

 

 

月の初めなら通信速度の規制対象になっていたとしても、速度規制がかかるのは
次の月からなので速度が遅くなることは無いはずです。

 

 

しかも7GBもの大量の通信容量を数日の間に使うということも考えにくいです。
よほど大容量のアプリなどを複数ダウンロードしなくては達しないはずです。

 

 

更にこの遅いと感じることはソフトバンクのスマホで多く実感されています。

 

 

ソフトバンクにだけ何か特別な規制がかけられているのでしょうか?
通信総量と速度規制について少し調べてみましょう。

 

 

■月間7GBの総量規制だけではない?

 

・ 通信速度規制がかかるのは月7GBの容量だけではない
・ Wi-Fiを利用すれば通信速度規制にかからない

 

 

調べてみるとスマホの速度規制には2種類あることがわかりました。
一般的に知られている月間7GBの規制の他にも速度規制があるのです。

 

 

それが直近3日間の通信量が1GBを超えた時に速度規制がかかる、というものです。

 

 

アプリなどを利用すれば月間の通信総量の確認をすることは簡単にできます。
でも3日間の通信総量を詳しく確認している人は少ないと思います。

 

 

しかもこの直近3日間の速度規制ではキャリアからの警告メールなどが無く、いきなり
通信速度が遅くなります。

 

 

一応この速度規制は全てのキャリア、ソフトバンクとauとドコモで行われていますが
ドコモとauは比較的ゆるくなっています。

 

 

通信状況やエリアのユーザー数などでそれほど厳しく規制をかけていないようです。
でもソフトバンクはかなり厳しく取り締まっているようです。

 

 

その為にソフトバンクのスマホを使っている時に通信速度が遅くなったと実感する方が
多くなっているというわけです。

 

 

通信速度の規制がかかるのはLTEや3G回線を利用した場合なのでWi-Fiでネット接続を
していれば通信速度が遅くなることはほぼ無いはずです。

 

 

自宅で固定回線を使っているならWi-Fiルーターを設置してそれでスマホと接続すれば
自宅にいる間は通信総量を気にする必要がなくなります。

 

 

■屋外でもWi-Fiを使って通信することが出来る?

 

・ モバイルルーターを使えばスマホの通信総量は気にならない
・ モバイルルーターの速度規制が厳しくない所を選ぶ

 

 

自宅にいる時にWi-Fiを使えばスマホの通信総量を上げずに使えることはわかります。
でも屋外で利用したい、という方も多いと思います。

 

 

そんな時にはモバイルルーターの利用がおすすめです。

 

 

モバイルWi-Fiルーターと言われる持ち運びができるルーターを利用することで
屋外でもスマホをWi-Fi接続でネット通信させることが出来るようになります。

 

 

このモバイルルーターはWiMAX2+とポケットWiFiという2つの機種があります。
それぞれにメリットとデメリットがありますが、オススメはWiMAX2+です。

 

 

このモバイルルーターは屋外でWi-Fi接続ができるようになるのですがルーター自体も
無線通信を行っています。

 

 

つまりスマホと同様に回線の利用をしているので使い過ぎると当然ですが速度規制が
かけられてしまうのです。

 

 

でもWiMAX2+回線は独自回線を利用しているので月間の通信総量の規制もそれほど
厳しくなっていません。

 

 

一方のポケットWiFiではLTE回線を使っているので実はスマホと同じような通信総量の
規制をかけられてしまうのです。

 

 

スマホのパケット代節約や速度規制対策を考えるならWiMAX2+の方がおすすめです。

 

 

■ギガ放題ならほとんど速度規制を気にする必要が無い

 

・ 月間通信総量の規制がないのがギガ放題プラン
・ 直近3日間の通信総量も3GBと多く規制速度もそれほど遅くない

 

 

私も以前ポケットWiFiを利用していたのですが通信総量規制がとても厳しく
すぐにWiMAX2+に乗り換えてしまいました。

 

 

ポケットWiFiの場合は月間通信総量7GBの他にもスマホ同様に直近3日間で
1GBの速度規制がかけられてしまいます。

 

 

でもWiMAX2+の場合はギガ放題プランの契約をすれば月間通信総量の規制が無く
通信量の上限を気にせずに使うことができます。

 

 

ただしこちらの場合も直近3日間の速度規制はあります。
3日間で3GB以上の通信を行うと速度規制がかかるというものです。

 

 

速度規制無し、と言っているギガ放題プランでも速度規制をかけられてしまうのは
ちょっと残念ですが実はそれほど気にならないのも事実です。

 

 

WiMAX2+の直近3日間の規制速度はスマホと違い5Mbps程度の速度がでているのです。

 

 

5Mbpsという速度は普通の画質の配信動画をみるためには何の問題もない速度です。
数十Mbpsという通信速度はヘビーなゲームユーザー以外にはあまり必要はありません。

 

 

WiMAX2+なら規制されていてもスマホの3G回線よりも速く、あまり気にせずに
使い続けることも十分にできる速度です。

 

 

最近のWiMAX2+は通信電波の安定性も高くなり、室内での利用も問題なく
できるようになっています。

 

 

スマホの速度規制対策にはWiMAX2+がおすすめです。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら