7GBオーバーの速度規制がかけられた時、ソフトバンクの規制解除のタイミングは?

7GBオーバーの速度規制がかけられた時、ソフトバンクの規制解除のタイミングは?

■ソフトバンクの速度規制解除のタイミングはいつ?

 

・ パケット通信量をオーバーすると規制がかかる
・ 規制解除はどのタイミングで行われる?

 

 

スマホを使っている時に気になるのは通信総量ですよね?
パケット量が1ヶ月7GB以上になると速度規制をかけられてしまいます。

 

 

規制される速度はかなり遅く128Kbpsという通信速度まで規制をかけられます。
これではまともにホームページを見ることも出来ない速度です。

 

 

これを防ぐためにはこまめにパケット量を確認する、アプリを入れて規定値近くに
警告を出してもらうなどの方法があります。

 

 

それでも通信速度の規制をかけられてしまう、という方もいるかと思います。
ではその速度規制はどのタイミングで行われているのでしょうか?

 

 

ソフトバンクの場合は通信総量が月7GBを超えた翌日に速度規制がかかります。

 

 

つまり月間のパケット通信が7GBを超えたらすぐに速度規制をかけられてしまう
という状況になります。

 

 

ではその速度規制を解除されるのはどこなのでしょうか?

 

 

ソフトバンクの場合はかなり特殊な状況なので調べてみました。

 

 

■解除のタイミングは支払いの締め日で変わる

 

・ ソフトバンクは支払いの締め日を選んで決めることが出来る
・ 締め日によって速度規制解除のタイミングが変わる

 

 

調べてみるとソフトバンクの場合は速度規制をかけられた日にちと自分で選んだ
支払い締め日によって解除のタイミングが変わります。

 

 

ソフトバンクはスマホの支払い締め日を3種類から選んで決めることができます。
○ 毎月10日
○ 毎月20日
○ 末日

 

 

この中から自分の都合のいい日にちを選んで締め日に設定することができます。

 

 

通信速度規制の解除は規制をかけられ旅日と自分で決めた締め日によって変わります。
まずは毎月10日が締め日の場合を確認してみます。

 

 

速度規制がかかったのが1日〜10日の場合はその月の11日に速度規制が解除されます。
11日以降に速度規制がかかった場合は翌月の11日に速度規制が解除となります。

 

 

毎月20日が締め日の場合は1日〜20日までに速度規制がされた場合はその月の21日に
21日から末日までに規制の場合は翌月の21日に解除されます。

 

 

末日が締め日の場合はいつ通信速度が規制されても翌月の1日に解除されます。

 

 

つまり速度規制のタイミング解除はそのユーザーが選んだ締め日の翌日です。
締め日が来ていなければ当月、来ていれば翌月に速度規制が解除されるのです。

 

 

ユーザーによって解除のタイミングが変わりますので自分の締め日と速度規制された
日にちをきちんと確認しておきましょう。

 

 

■速度規制回避のためにモバイルWi-Fiルーターもオススメ

 

・ Wi-Fi通信ならパケット通信ではないので規制の対象にならない
・ モバイルWi-Fiルーターは屋外でもWi-Fi通信の利用ができる

 

 

では通信速度の規制をかけられないためにはどうすればいいのでしょうか?
パケット通信量をこまめに確認する以外ではWi-Fi通信の利用が効果的です。

 

 

速度規制の対象になるのはパケット通信なので、パケットを使わずに通信が出来る
Wi-Fi通信ではどれだけ使っても速度規制の対象にはなりません。

 

 

自宅で固定回線を使っているならWi-Fiルーターを使ってスマホを接続すれば
パケット通信量を気にせずに使うことが出来るようになります。

 

 

でもこれでは自宅でしかWi-Fi通信が出来ません。
そこでモバイルWi-Fiルーターの利用をしてはいかがでしょうか。

 

 

モバイルWi-Fiルーターは持ち運びができるWi-Fiルーターです。
屋外でもスマホをWi-Fi接続でインターネットにつなぐことが出来るようになります。

 

 

今はLTE回線を使うポケットWiFiと専用回線のWiMAX2+がサービス提供されています。
それぞれの特徴などを確認してみましょう。

 

 

■規制されても使いやすいのはWiMAX2+

 

・ 直近3日間の通信総量が規定値を超えるとどちらも速度規制がある
・ 規制がかかってもWiMAX2+なら気にならない

 

 

LTEを利用するポケットWiFiはキャンペーンを使えば月間のパケット通信規制を
無料で解除することが出来るようになります。

 

 

ただし解除手続きはその都度必要になり、キャンペーン期間が終われば有料に戻ります。
WiMAX2+の場合はギガ放題プランに加入すれば月間通信総量の規制はなくなります。

 

 

両方共直近3日間のパケット通信量の規制はありますがポケットWiFiが1GBに対し
WiMAX2+は3GBまで使うことができます。

 

 

更に規制される速度がWiMAX2+は5Mbpsなので普通に使う分には問題ありあせん。

 

 

通常の速度は最高220Mbps、平均しても40Mbps程度なのでかなり遅く感じますが
オンラインゲームなどを使わないかぎりは5Mbpsでも十分な通信速度です。

 

 

普通サイズの動画を見るのに必要な速度が4Mbps程度と言われているので規制が
かかっている状態でも十分に使えるのがWiMAX2+なのです。

 

 

スマホのパケット通信量が多く、何度も通信速度規制がかかってしまうという方は
モバイルWi-Fiルーターの利用を考えてはいかがでしょうか。

1Gあたりの単価が安いヤフーWIFIで自宅、スマホをWIFI接続してます!


ヤフーWIFIの魅力は何と言っても安さ。

7Gの制限はあるものの、1Gあたりの金額でいうとコスパ最強なのは間違いないです!



スマホでネット接続が中心の人で、ヤフーWIFIでWIFI接続している人が
私の周りでも増えてきてちょっと驚きです…


>>業界最安の月額2000円台【Yahoo! WiFi】はこちら